創立費と開業費の違い

18年03月08日

開業費創立費と似てはいますが、別の性格を持ってくるのが開業費です。改行を準備するための費用であり、創立するための費用とは異なります。どうしても似たような性格を持っていますが、細かく考えていけば、その違いを理解できるようになるでしょう。

開業するために直接かかった費用であり、会社設立前の費用は対象外です。つまり、この前にかかった費用は創立費ということになります。営業を開始したのちの費用も開業費ではありません。この境目がポイントになってきます。開業にかかったお金ですので、広告を出した費用や通信費用、事務所の消耗品や使用人の給料、保険料が相当することになります。ただし、開業準備中であっても、のちに毎月決まった支出になる人件費や賃貸料といったものは、開業費として認められません。それぞれの費用勘定で計上することになるでしょう。

創立費との違いはタイミングにあります。開業費は、会社設立から営業開始までの期間にかかった費用を指しています。営業を開始したら、開業しているのですから、別名目での費用計上となるのが重要です。改行のために特別に必要であったから計上できるのですから、この線引きを間違えないようにするのが大切です。